元LINE社長が伝える『変化する時代で生き抜くためのヒント』とは

3年前に講演された内容とは思えない記事。 「さすが森川さん、同意しか無い」という感想です。
LINE株式会社の代表を退任されて半年後ぐらいの内容だと思いますが、森川さん自身がキャリアをどんどん変化させ、この記事の内容を体現されていますね。 LINEを退社された後、森川さんが創られたC-CHANELは、女性向け日本No1メディアとなり、大型の出資も得て中国進出も行っています。
この記事の中で、特に共感する部分は、以下の二つでした。
– 「これは会社だけでなく、個人でも同じ。いい大学を卒業して、資格を取得して、お金をたくさん手にしても、無駄なことをやっていると生き残ることは難しい。そういう時代になってきたのではないでしょうか。」-
– 「日本は平和すぎて「動物園化」が進んでいます。基本的にゴロゴロしていて、なにかあれば吠える。そうした生活を送っていても、これまではなんとか食っていけることができていました。しかし、変化のスピードが速くなっている中で、これからはそうした動物は生き残っていくことができないでしょう。既存商品を磨きあげるとか、既存商品をコストダウンするとか、そうしたやり方ではダメ。野生のライオンのように、自分の意思で考えて、行動して、結果を出す。そうした人材でなければいけません。」-
よく学生の方から、「安定した収入を得る企業・職種ってありますか?」と聞かれることがあります。 その際、必ず、 「そんな企業も職種もないです。10年後、今ある企業が残っているという確証はどこにもない。自分に合ったキャリアを選び、その中で成長して変化し続けることが一番の安定への近道です。」と答えています。
そして学生さんには、その成長・変化し続けるために、自分自身のWillやBeingに沿ってドライバーが働く環境を、悔いなく見つけてほしいと思っています。
▶︎引用した記事はこちら:少し長いですが、大事なメッセージが詰まっているので、興味のある方は是非読んでみてください!
シェアする

コメントを残す

コメントの送信にはサービスのご利用・ログインが必要です→ログイン